知っておきたい子育てのポイント|あやめが丘こども園

あやめが丘こども園

※令和2年3月3日 求人情報を更新しました!こちらから最新版をご覧ください。

子育てには知っておきたい知識があります。元気でいてくれればそれでいいというのは、親心ではありますが、子育てをするなら子どもの成長のポイントを医学的に知っておくことも非常に大切です。

そこで今日は子育てに知っておきたいポイントを紹介します。

 

三つ子の魂百まで

 

三つ子の魂百までという言葉の意味は、3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根底は変わらない、という意味。

西洋でも、The child is father of the man 直訳すると『子どもは大人(人類)の父である』という言葉で、『三つ子の魂百まで』と同じ意味の諺が語り継がれています

 

人は生まれてもっとも成長する過程は3歳までと言われています。
自分で移動することすら出来なかった赤ちゃんが、走り、言葉を理解し、意志を伝えられるようになる。生まれてからの3年間の急成長ぶりには目を見張るものがあります。

あやめが丘こども園でも園長先生の方針でまずファーストステージの3歳までにどれだけ子どもを成長させられるか?

大事なお子さんを預かっている保育園でどれだけ子どもを成長させられるか?と課題を常に職員に与えています。

 

具体的な成長とは?

 

成長という言葉はよく聞きますが、では具体的にどういった成長が大事なのか?
それは「子どもが充実を味わう」ことが大きな成長です。

では、充実とは何なのか?

それは乳児、幼児共に「親から愛されている」「先生から愛されている」この愛情を感じれるか感じれないかが充実となり大きな成長になります。

こども園に通うことでの大きな成長は、「愛情を感じれる子ども、与えられる子ども」になることです。

あやめが丘こども園は、子どもに「愛情を一番」に教えています。

愛情を受けた子どもは、精神の安定した大人になり、親からの愛情を受けることで得られる「安心と自信」が土台になり、新しいことに挑戦しようと「やる気」や「勇気」が湧きます。

一人一人の子ども達の個性を出してもらうために、あやめが丘こども園は「愛情を一番に」これからも頑張っていきますので、よろしくお願いします。

関連記事

この記事へのコメントはありません。